視察報告

Dr.Lanをベトナムから招待 2006年11月3日~7日

ベトナム・ハノイからDr. Lanをお迎えして

 今後、ベトナム援助活動を展開していくにあたり、NPO法人”いつでもどこでも血液浄化インターナショナル”は、現地の透析専門医であるハノイ市友好病院腎センター部長、Dr. Tran Ngoc Lanを第6回日本腎臓学会東部部会へご招待すると共に意見交換の場を持つことにしました。
 来日は、11月3日から7日までとなりました。その間、Dr.Lanは、以前透析を勉強していた福島での友人たちと旧交を温めることもできましたし、Dr. Lanにとっても当法人にとっても、とても充実した滞在となりました。

 成田空港に到着したDr.Lanは、福島市で以前からベトナムとの友好に力を入れてこられた是行さんの出迎えをうけ、夕方、横浜グランドインターコンチネンタルホテルにチェックインされたました。その後、兵藤先生と私達事務局とで会食をしました。
 その際、ベトナムでの医療の現状や、今後私達の支援活動をどのように進めるべきか、などについて話しました。
 翌日はホテル横のパシフィコ横浜会議場で行われていた第36回日本腎臓学会東部部会に出席し、午後には、横浜第一病院並びに本部、研修センターを見学され、日本での透析治療や、そこで使われている最先端の機器について学ばれました。また、昼食には透析患者用の透析食を召し上がって頂きました。
 5日は日台と兵藤先生の2名の案内にて鎌倉見物後、東北新幹線”やまびこ号”を利用、一路福島へ。福島にて当法人の顧問、白岩名誉教授らの出迎えを受けました。6日には、福島並びに郡山にて以前留学中に知り合った方たちのと旧交を温めあう機会もあったようです。そして、7日には成田空港からハノイへの帰途に着きました。